熱くなります。ですが、工場は暑くなりません!

弊社の工法は、古い屋根(スレートや鉄板など)に遮熱材リフレクティックスを全面敷きこんだ後、新しい屋根(鉄板)を上から重ねて仕上げます。

仕上げの屋根材が「鉄板」なので、[鉄板(金属)=熱い]というイメージをお持ちになったのかなと思いますが、作業されているエリア(室内)には影響はありません。

これは工事部リーダーにECO遮熱®工事中に現場で撮影してもらったものです。是非ご覧ください!

映像の中にある温度計は、「新しい屋根の下」と「遮熱材リフレクティックスの下」の温度を測っています。

屋根のイメージ図

新しい屋根の下:37℃/リフレの下:28℃

新しい屋根は太陽の影響で熱くなっています。

真夏には鉄板の表面温度は70~80℃程まで上がっていることがありますし、”車のボンネットで目玉焼きが焼ける”などの表現でもイメージできるかと思いますが、鉄は熱しやすいのです。

新しい屋根の下は屋根自体が太陽で温められてものすごく熱くなっているので、屋根からの影響を受けていますが(37.3℃)、遮熱材リフレクティックスの下は影響を受けずに低い温度を保っています(28.9℃)。

これは遮熱材が太陽から鉄板と伝わってきた熱を遮熱材リフレクティックスが反射してくれているからです。新しい屋根と遮熱材との間にできた空間では、温められた熱が外に逃げるような空気の流れが生まれています。さらに効果的!!

施工する屋根は鉄板(正確には「ガルバリウム鋼板」)です。

「カバーする屋根は鉄板だけど熱くならないの?工場は暑くならないの?」というご質問を多くいただきますが、ご返答しては

熱くなります!ですが、室内には影響はありません。
工場は暑くなりません。


暑さ対策について気になることなどございましたらお気軽にご相談ください。お待ちしております!

関連ニュース